Java Development Kit (JDK) のダウンロードとインストール

Java Development Kit (JDK)とは、Javaの開発環境のことです。 Javaの実行環境であるJava Runtime Environment (JRE)も含まれています。JDKには複数の種類やバージョンが存在しますが、ここではWindows7にJava SE Development Kit 7をインストールすることを前提に説明します。

■OracleのダウンロードサイトからJDKをダウンロード


↑「DOWNLOAD」をクリックします。


↑「Oracle Binary Code License Agreement for Java SE」のリンクをクリックし、ライセンス契約をよく読んだ上で「Accept License Agreement」のラジオボタンをクリックします。


↑ インストールするパソコンのOSが32bitの場合は「Windows x86」、64bitの場合は「Windows x64」をダウンロードします。
「jdk-7u7-windows-i586.exe」又は「jdk-7u7-windows-x64.exe」をクリックするとダウンロードが開始されますので任意の場所に保存してください。

■ダウンロードしたJDKをインストール

保存した「jdk-7u7-windows-i586.exe」又は「jdk-7u7-windows-x64.exe」をダブルクリックし、インストールを開始します。


↑「次へ」をクリックします。


↑「次へ」をクリックします。


↑「次へ」をクリックします。


↑「閉じる」をクリックします。

以上でJava Development Kitのインストールは終了です。