Eclipse 4.2 Junoのダウンロードとインストール

Eclipseとは、オープンソースの統合開発環境(IDE)のことです。JavaやAndroidアプリの開発、Web開発など様々な開発が行えます。Eclipseには複数のバージョンや種類が存在しますが、ここではWindows7 64Bit版にEclipse 4.2 Juno IDE for Java Developersをインストールすることを前提に説明します。

インストールは下記の手順で行います。
  • Eclipseのダウンロード
  • ダウンロードしたファイルの展開
■Eclipseのダウンロード

Eclipseのダウンロードサイト
http://www.eclipse.org/downloads/


↑ インストールするパソコンのOSが32bitの場合は「Windows 32bit」、64bitの場合は「Windows 64bit」をダウンロードします。


↑ ダウンロードのマークをクリックするとダウンロードが開始されますので任意のフォルダに保存してください。

■ダウンロードしたファイルの展開

ダウンロードしたファイルを任意のフォルダに展開(解凍)します。ここでは「C:\」に展開することを前提に説明します。

ダウンロードした「eclipse-java-juno-win32.zip」又は「eclipse-java-juno-win32-x86_64.zip」を展開すると「eclipse」フォルダが生成されます。「eclipse」フォルダごと「C:\」へ移動します。


↑ eclipseフォルダ内の「eclipse.exe」をダブルクリックし実行します。


↑ スプラッシュ画面が表示され、続いてワークスペース選択ダイアログが表示されますので、テキストボックスに「C:\workspace」と入力し「OK」をクリックします。
workspaceとは、Eclipseで作成したプロジェクトを保存するフォルダのことです。


↑ Welcomタブの×をクリックします。


↑ EclipseでJavaを開発する基本画面(ワークベンチ)になります。

以上でEclipseのインストールは終了です。