Eclipse 4.2 JunoにStandard Widget Toolkit (SWT)プラグインをインストールする

Standard Widget Toolkit (SWT)とはJavaでGUIアプリを作成するためのプラグインです。ここでは、Eclipse4.2 JunoにSWTプラグインをインストールする方法について説明します。


↑「ヘルプ(H) > 新規ソフトウェアのインストール…」の順にクリックします。


↑「作業対象(W)」のドロップダウンリストから
「Juno – http://download.eclipse.org/releases/juno」を選択します。
検索のテキストボックスに swt と入力し、リストボックスの中から「SWT Designer」のチェックボックスをチェックし「次へ(N)」をクリックします。


↑「次へ(N)」をクリックします。


↑ライセンスをよく読んだ上、「使用条件の条項に同意します」のラジオボタンをクリックし「終了(E)」をクリックします。


↑ インストールが開始されます。
インストールが終了するとEclipseの再起動メッセージが表示されますので、メッセージに従い再起動してください。


↑ Eclipseの再起動後、「ファイル(F) > プロジェクト(R)」の順にクリックします。


↑ ウィザードにSWTプロジェクトが追加されているのが確認できます。