Android SDKのダウンロードとインストール

Android SDKとは、EclipseでAndroidアプリを作成するための開発キットのことです。
以前は、zip形式のファイルをダウンロードしフォルダに展開することでインストールを行っていましたが、現在は、インストーラ形式のファイルをダウンロードし実行することでインストールを行います。

ここでは、windows7にAndroid SDKをインストールすることを前提に説明します。又、Java Development Kit (JDK)はインストール済みであることが前提です。

Android SDK のダウンロードサイト
http://developer.android.com/sdk/index.html


↑「Download the SDK for Windows」をクリックします。


↑「実行(R)」をクリックします。クリックするとダウンロードが開始されます。


↑「実行(R)」をクリックします。


↑「Next >」をクリックします。


↑「Next >」をクリックします。


↑「Next >」をクリックします。


↑ インストール先のテキストボックスにC:\android-sdkと入力し「Next >」をクリックします。
インストール先は他の場所でも問題ありません。


↑「Install」をクリックします。


↑「Next >」をクリックします。


↑「Finish」をクリックします。


↑ 必要なパッケージにチェックを付けて「Install ~ packages…」をクリックします。
パッケージについては後から追加や削除が可能です。全部チェックを付けるとパッケージのダウンロードには時間が掛かりますので、上図では「Tools」「Android 4.1(API 16)」「Google USB Driver」にチェックを付けました。


↑「Accept All」のラジオボタンをチェックし「Install」をクリックします。


↑ 画面左下に「Done loading packages.」と表示されたインストール終了です。